スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つの塔と二人の男

2010.09.17.23:00

ラーメンズ第17回公演『TOWER』 [DVD]ラーメンズ第17回公演『TOWER』 [DVD]
(2010/09/15)
ラーメンズ

商品詳細を見る

独自のコントを生み出し続ける小林賢太郎と、独自の風貌と感性を持つ片桐仁とのコントユニット「ラーメンズ」。彼らのコントはしばしば、「芸術的」「アーティスティック」と評される。そして、キャッチフレーズは「芸術知能犯」。
その「アート」とも評されるコントを見る機会は限られている。なぜなら、彼らのコントは基本的に舞台でしか披露されないからだ。

そんな彼らが2009年に行った第17回単独公演「TOWER」の千秋楽の模様をおさめたDVDがこれだ。
前作、「TEXT」が観客も頭を使う緻密な公演だったのに対し、今回はただただ分かり易い笑いが描かれている。
いいかえれば、いい意味でくだらないコントが多いのだ。
語感の影響について話している男が、いつの間にか話し相手の妄想の世界に引きずり込まれてしまう「名は体を表す」。世界一を目指すパーティ会場のゴタゴタした裏側を描いた「シャンパンタワーとあやとりとロールケーキ」。ルームシェアをしている仲良しタワーマニアが、相方のキャンプを止めにいく「やめさせないと」。五重塔を制覇しようと企む男と、それに困惑する五重塔本人(人?)とのやりとりを描いたハイテンションバカコント「五重塔」。
中でも今回異質なのが、4番目に収録されている不条理コント「ハイウェスト」だ。
このコントは舞台に立っている男について、三択の中から正解を選ぶというコントなのだが、このコントでは、観客は「クイズショーの客」という立場でコントを見る事になる。つまり、このコントの面白さは「空気を感じる」という所にあるのだ。なので、DVDで見ると面白さが伝わらないかもしれない。
このコントは、見てもらわないと説明が出来ない。下手に説明するとこのコントの面白さがさらに半減されてしまう気がするのだ。

ファンの間では賛否両論の今回の公演。この時期から小林賢太郎はテレビに挑戦するなどの(小林氏にとっては)新しい試みをしてきた。この「TOWER」も例外ではない。例えば、コントの中に「スターバックス」という超日常的なシーンを入れたり、建物(着ぐるみ)とその中に入った人という構図を演じたりといったところだ。
ただ、これは普段から「小林賢太郎」という人物を見ているからこそ分かる挑戦(または発見)である
人によっては「スランプ」とも言われる今回の公演は、何も知らない人が見たら一体どのように思うのだろうか。


収録内容(100分)

・タワーズ1
・シャンパンタワーとあやとりとロールケーキ
・名は体を表す
・ハイウエスト
・やめさせないと
・五重塔
・タワーズ2

作・演出 小林賢太郎
出演 ラーメンズ(小林賢太郎・片桐仁)
スポンサーサイト
プロフィール

五斂子

Author:五斂子
うつつを抜かしている島根出身の学生。
主にコント(ブラック系や、ドラマ系の奴が好み)やスピッツの事、
適当にでっち上げた企画を書いたりします。
かまってやってください(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。